webメディアとは

記事の更新や、ユーザー(検索者)にとって価値のある情報を提供できないサイトは検索順位が下がっていくアルゴリズムにある昨今、静的なサイト(更新頻度が低い)にとっては非常に厳しい状況にあると言えます。そういった中で企業側もwebメディアやオウンドメディアを積極的に導入し、顧客との関係性を構築しようとしています。なぜ静的サイトをメディア化する必要があるのか、そもそもwebメディアとは何なのか簡潔に解説いたします。

webメディアとは

webメディアとはweb上のメディアです。「media」には媒介するという意味があり、新聞やテレビ、ラジオや雑誌など、情報を媒介する仕組みのことを総じてメディアと呼ぶようになりました。webを使って情報を届けるメディアをwebメディアと呼びます。

webメディアの運営

webメディアにはいくつかの種類があります。Yahooニュースなどはwebメディアの代表的なものです。広域に渡った情報を掲載し、多くの人に読んでもらうことを目的としていて広告収入を得ることで運営が可能になります。新聞やテレビの仕組みに近いとも言えるでしょう。ニッチな情報が掲載されていたり自分で欲しい情報を選択できるところはwebならではの特徴ともいえるでしょう。

オウンドメディア

webメディアの中にはオウンドメディアと呼ばれるものがあります。広域な情報を掲載するメディアに対し、オウンドメディアは企業や団体が所有し、最終的に自社のコンバージョンにつなげることを目的とした媒体になります。オウンドメディアの詳しい解説は「オウンドメディアとは」にて詳しく解説していますのでそちらをご覧ください。

まとめ

現在の検索エンジンのアルゴリズムにおいては、いかに検索者にとって有意義で価値のある情報を届けられるかが重要評価になっています。つまり、ホームページと呼ばれるような静的で、作ってから更新がされない、電話帳のような存在証明が目的なサイトは競合がいた場合には埋もれてしまう可能性が高くなっています。サービスの内容から企業名が浮かぶ圧倒的なシェアをすでに得ている企業は別ですが少数であると考えられます。(例 中古車=ガリバーなどと想起される企業)いかにして自社が対象とされたい検索ワードによって上位に表示されるか、これが重要であり、そのためにユーザー(検索者)にとって有意義な情報を提供できるサイトであるかを突き詰めていくと、メディア的要素を持つことが競争優位に立てると考えられます。

 

メディアの制作・運用をサポートいたします
REVOLではオウンドメディアの作成や運営を数多くサポートしています。webサイトを持っていても集客効果を実感できないなどの場合、ぜひご相談ください。