弊社ではすでに物件をお持ちのお客様から新規に物件の取得をお考えのお客様まで用途に合わせてサポートが可能です。面倒な許可申請も書類作成のサポートから提携行政書士への代行まで要望や予算に合わせてご対応いたします。部分的なサポートから、改築、備品購入まで一括してのサポートも行えますのでまずはお気軽にご相談ください。

開業サポートサービス

1 物件調査
2 リフォーム・備品購入・消防設備設置サポート
3 用途確認・開業申請サポート(用途確認・消防・衛生・開業届)
4    物件仲介サイトへの掲載代行

開業サポートサービス

1 物件調査
2 リフォーム・備品購入・消防設備設置サポート
3 用途確認・開業申請サポート
 (用途確認・消防・衛生・開業届)

4    物件仲介サイトへの掲載代行

サポートサービス内容

物件調査

まずは開業が認められるエリアであること。そしてターゲットとするゲストによってエリアや物件条件は異なってきます。ボランティアではない民泊ビジネスをお考えであるなら物件探しは重要なポイントです。インバウンド事業を行っている弊社の情報とノウハウを生かし物件探しのサポートをさせて頂きます。

訪日外国人をターゲットとするなら観光地や交通のハブとなるエリアが人気ですがロングステイも考えてキッチンなどの設備も重要になってきます。ビスネスマン向けですと駅の近くであったりビジネスホテルの予約率が高く料金も高いエリアなどは狙い目です。またエリアによっては住宅専用など簡易宿泊所(民泊)が認められないエリアなどもありますので、購入したり、賃貸した後に開業できないことがわかったなどのトラブルを避けるためにも専門知識を持った弊社などにご相談されることをオススメいたします。

物件調査のポイント

訪日外国人をターゲットとするなら観光地や交通のハブとなるエリアが人気ですがロングステイも考えてキッチンなどの設備も重要になってきます。ビスネスマン向けですと駅の近くであったりビジネスホテルの予約率が高く料金も高いエリアなどは狙い目です。またエリアによっては住宅専用など簡易宿泊所(民泊)が認められないエリアなどもありますので、購入したり、賃貸した後に開業できないことがわかったなどのトラブルを避けるためにも専門知識を持った弊社などにご相談されることをオススメいたします。

リフォーム・備品購入

ゲストに選んでもらうにはやはり内装も重要なポイントです。築年数が立っていても壁紙やカーテンの設置だけでも雰囲気はガラッと変わります。ただし、正式な許可を得るためにはトイレや洗面、一人当たりの使用面積など細かい条件をクリアしなくてはなりません。弊社では豊富な事例の中からお客様の予算やイメージに合わせた改築をサポートいたします。またベッドなどの必要な備品の購入の代行も行いますのでお客様のご負担なく開業の準備を進めることができます。

現在の正規の民泊申請では収容人数によってトイレや手洗いの数が決まっています。”旅館業法施行条例”  ここでは二人のゲストを受け入れる場合トイレが二つないといけないと記されています。これは一般のアパートや一軒家がなかなか参入できない大きな壁の一つです。こういった普通では考えられない条件を理解した上で物件探しやリフォームを行わないと開業届が受理されないということが普通に起こっています。弊社では条例やこれまでの事例の中からお客様の地域、施設に合わせた改修のご提案をさせて頂きますのでご安心してお任せください。

リフォーム・備品購入のポイント

現在の正規の民泊申請では収容人数によってトイレや手洗いの数が決まっています。”旅館業法施行条例”  ここでは二人のゲストを受け入れる場合トイレが二つないといけないと記されています。これは一般のアパートや一軒家がなかなか参入できない大きな壁の一つです。こういった普通では考えられない条件を理解した上で物件探しやリフォームを行わないと開業届が受理されないということが普通に起こっています。弊社では条例やこれまでの事例の中からお客様の地域、施設に合わせた改修のご提案をさせて頂きますのでご安心してお任せください。

消防設備設置サポート

民泊、農泊は簡易宿泊所としての申請となりますので、火災時にゲストを安全に避難させることも運営者の責任になります。そこで設置を義務付けられるのが消防関係設備になります。主に必要となるのが火災報知器や誘導灯です。これらは民泊サービスを提供する面積によっても必要な設備が違ってきます。弊社では建築士資格を有するスタッフが面積にあった適正な設備の準備、購入、設置のサポートをさせて頂きます。

ゲストを迎え入れる広さの一つの基準が50㎡、100㎡になります。消防関係の設備も50㎡を境に家庭用火災報知器から自動火災報知器へと設置義務が変更になります。自動火災報知器となると検知器から受信機、発信機など揃える設備が多岐に渡り金額もピンキリで何を設置すればいいのか迷ってしまったり、法外な金額を請求されることになる可能性もあります。弊社では建築士資格を有するスタッフが適正な設備のご案内をさせて頂きます。また誘導灯も建物の間取、作りによって必要なものも出てきますので合わせてご相談ください。

消防関係設備設置のポイント

ゲストを迎え入れる広さの一つの基準が50㎡、100㎡になります。消防関係の設備も50㎡を境に家庭用火災報知器から自動火災報知器へと設置義務が変更になります。自動火災報知器となると検知器から受信機、発信機など揃える設備が多岐に渡り金額もピンキリで何を設置すればいいのか迷ってしまったり、法外な金額を請求されることになる可能性もあります。弊社では建築士資格を有するスタッフが適正な設備のご案内をさせて頂きます。また誘導灯も建物の間取、作りによって必要なものも出てきますので合わせてご相談ください。

用途確認・申請サポート

申請の流れ

 

上記流れの中でポイントとなるのは消防法と旅館業法の申請項目です。専門の知識や農泊・民泊の事前知識がない状態ですと担当窓口の専門用語が理解できずにストレスを感じる部分もあるかと思います。また途中まで準備を進めていたのに開業届が受理されず民泊を始められなかったという事例もあります。弊社では建物、消防関係の専門家・行政書士などと共に申請にあたりますのでスムーズな申請を行うことができます。

用途確認・申請のポイント

 

上記流れの中でポイントとなるのは消防法と旅館業法の申請項目です。専門の知識や農泊・民泊の事前知識がない状態ですと担当窓口の専門用語が理解できずにストレスを感じる部分もあるかと思います。また途中まで準備を進めていたのに開業届が受理されず民泊を始められなかったという事例もあります。弊社では建物、消防関係の専門家・行政書士などと共に申請にあたりますのでスムーズな申請を行うことができます。

まとめ

簡単に開業できるようでハードルが高いのが現状の民泊制度です。どこの窓口も細かい条例を専門用語で指摘してきます。ここでせっかく開業しようと思っていても断念するケースが多くなっています。民泊や農泊はこれから需要が高まり必要としている旅行者やビジネスマンがたくさん出てきます。地域の観光客誘致のためにもなくてはならないサービスです。是非実現のために当社にサポートさせて頂ければと思います。まずはお気軽にご相談ください。

TEL : 0248-94-7275
[受付/10:00〜18:00(水曜定休)]