オウンドメディアとは

静的、更新されない webサイトでの顧客との関係性の構築は非常に難しくなっている環境の中で大手や先見性のある企業は「オウンドメディア」へと舵を切り、より深い顧客との関係性を構築し始めています。 この記事では「オウンドメディア」の解説となぜ「オウンドメディア」が必要なのか簡潔にまとめています。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは
オウンドメディア(英: owned media )とは、自社発行の広報誌やパンフレット、インターネットの自社ウェブサイト・ブログなど、企業や組織自らが所有し、消費者に向けて発信する媒体を指す。「ペイドメディア(Paid Media)」「アーンドメディア(Earned Media)」と合わせて、企業マーケティングの核となる3つのメディアとして認識される媒体といえる。
引用:Wikipedia

広義では企業や団体が所有する広告媒体全般を指しますが、近年の使い方、狭義としての意味では、企業目線の情報やサービスの掲載ではなく、ユーザーや検索者にとって必要、有益な情報を掲載、発信するweb上のメディアであり、最終的に自社のコンバージョンにつなげることを目的としたメディアを指します。

なぜオウンドメディアが必要か

必要とするサービス=企業名が浮かぶのはよほど認知やシェアを持っていないとユーザーは検索バーに直接企業名を入れることはほぼありません(例・中古車=ガリバー)。業種・サービス・地名などを検索バーに書き込みます。googleなどの検索エンジンは検索者にとって有益な情報を届けるアルゴリズムになっているため、最新の情報や多く見られているコンテンツを上位に表示します。(古い情報や読者がすぐに閲覧をやめてしまうサイトは上位に表示されない仕組みになっています。)
雑誌や新聞に例えると、数年前に発行された記事はアーカイブとしての活用価値はあるかもしれませんが、今必要な、使える情報ではないでしょう。同じようにweb上の記事やコンテンツも旬なもの、最新の使える情報を検索者は求めていると言え、検索エンジンもそういったコンテンツを上位表示するように動きます。(厳密にはその他の要素も複雑に入り組んでいます)
また、気に入った雑誌は毎号購読するように、検索者は自分の必要な最新の情報が掲載されているメディアはシェア、お気に入り登録など継続して閲覧するようになっていきます。一度関係性を構築できると、新商品の情報やリリースも簡単に届けることができるようになり、読者から顧客へとなりうる可能性が出てきます。

コミュニティマーケティングとしてのオウンドメディア

上記のような関係性をより多くのユーザーと作ることができればそこにはコミュニティができてきます。webメディアの利点は一方向の情報伝達ではなく相互伝達ができることにもあります。(SNS上のメッセージのやりとりなど)こいうったやりとりでの関係性の構築やユーザーイベント、優先情報、優先購入などの優位性を持つなどコミュニティに価値を持たせることで、ユーザーはそのメディア、企業に対して親近感、特別感を持ち、一般顧客より綿密な関係性を構築することができるようになります。こういったユーザーを多く作るマーケティング手法をコミュニティマーケティングと呼びます。オウンドメディアはコミュニティマーケティングのきっかけを作る重要な役割を努めます。

オウンドメディアを作って自社のファンを作りましょう

強い関係性(お得意様)の構築は今までも、これからもビジネスシーンにとっては非常に重要です。以前とはその構築手法が変わってきていますので、メディアやSNSを上手に活用してより多くのファンを獲得しましょう。

 

メディアの作成・運用をサポートいたします
REVOLではオウンドメディアの作成や運営を数多くサポートしています。webサイトを持っても効果を実感できないなどの場合、ぜひご相談ください。