ランディングページとは

ランディングページとは広義の意味ではweb広告、リンクなどをクリックした際に表示されるwebページ全般のことを指しますが、狭義では1つの商品やサービスに特化した情報をまとめ購入や契約につなげることを目的とした縦長のwebページのことを指します。

webサイトとランディングページの違い

webサイトとランディングページの違いは掲載している情報の数と深さになります。webサイトは多くの情報を広く浅く載せているのに対して、ランディングページは1つの商品情報に特化して掲載しているものが多いです。例えばカーディーラーのwebサイトには多くの種類の車の情報が満遍なく掲載されているのに対して、ランディングページはそのディーラーの中の1車種の情報のみを詳しく掲載しています。

なぜランディングページが必要か

同様に車を例に挙げると、車の購入、買い替えを検討する際に、初動では漠然と「何かいい車ないかな?」と「車・人気」などと検索エンジンに打ち込み検索するでしょう。その時検索者に必要な情報は、多くの車の情報、商品カタログ的な情報なので、webサイトが適しています。その後、多くの車の中から購入車種をある程度絞り込みます。その時は個別の車種情報を深く知りたいはずです。その時には「車種名〇〇・価格」などと検索エンジンに打ち込みます。その時が企業側にとっては販売する最大のチャンスです。この検索ワードに対してweb広告(リスティング広告)をかけ、最上位表示をさせ、ランディングページに誘導することが重要です。この時検索者は、特定の車の情報を必要としているのに、誘導先がカタログのようなwebサイトだと、「自分が知りたいのはもっと詳しい情報だ!」とページから離脱してしまい、他社のランディングページに行ってしまいます。検索する状況に応じて必要な情報を確実に届けることがwebマーケティングでは非常に重要であり、商品の購入検討に入っている検索者にはランディングページが効果的だといえます。

ランディングページのポイント

ランディングページを作る目的としては、購入・決算・予約・申し込みなど何かしらの結果(コンバージョン)を得ることです。そのために決算や申し込みができるポイントをわかりやすく配置することや、ページから移行させずに完結させることが重要となります。そのほかにも商品やサービスの利用シーンを想起させる、商品を買うことで解決できる課題や利用者の声を入れて共感を生むなどの制作上のポイントもありますのでランディングページをご検討の際にはお気軽にお問い合わせください。

 

メディアの作成・運用をサポートいたします
REVOLではオウンドメディアの作成や運営を数多くサポートしています。webサイトを持っていても集客効果を実感できないなどの場合、ぜひご相談ください。